ディープラーニングプログラム(AICORO)、RaspberryPiでマルチスレッド並列処理化

先に、Javaで書いたAutoencoderのディープラーニングプログラム(以下AICORO)をマルチスレッド化して並列処理にしたら、あまり効果がなかったと書いた。それは、CpuがCore i7の3GhのMacでの話だった。「ああ、失敗したな〜」という感じで、終わった。

今日から、またロボットの方で、センサーをテストしようとRaspberyPi3を動かして、ついでだからAICOROを動かしてみた。(JAVAもNerbeansも入れてある)スレッド一個で処理するものを動かしたのだが、なんとなく遅い。784,600,400,300,10という隠れそう3つのネットワークをホワード処理だけで動かしたのだが、1サイクル25ミリ秒くらいかかる。ちょっと遅いなと思った。MACだと時間を測れないほどバリバリに速いのだが。

もしかしてと思って、昨日作ったマルチスレッドのAICOROを動かしてみた。10スレッドの並列処理をするバージョンだ。「あれ!!」1サイクル10ミリ秒くらいで処理する。「いいじゃない!!」

RaspberryPi3は、CPUが4コア持っているので、8スレッドあたりは十分使えそうなきがする。10スレッドはちょっと多いかもしれないが。

初めて、マルチスレッド、並列処理が役に立つことがわかって嬉しい!!