日本語と英語の会話をさせる

(この記事の方法は破綻した -> 参照
日本語を聞き取って、英語を喋らせたり、英語を聞き取って日本語を喋らせたいと思った。

意外と面倒だった。本当は簡単にできるのかもしれないが。ここまで得た知識でなんとかなりそうなので、記録しておく。

これをやらせるためには、日本語を聞き取った後で、すぐに、ALDialogのsetLanguageを実行させて、英語に切り替え、英語を喋らせるようにすれば良い。ただし、一つのtopicファイルには、英語か日本語のどちらかしかプログラム化できないので、日本語を聞き取った後に、英語のtopicファイルにある、ルールをイベントで起動させることが必要だ。

何れにしても、英語と日本語のtopicファイルを同時にloadTopicをさせなければならない。

ここで大事なことをいかに整理する。

(1)聞き取りのためには、$HOME/.local/share/dialog/ 以下にあるbnfファイル(文脈処理)が必要だが、これはシステムが作る(自分で書いてもいいようだが、何しろ、このフォルダはALDialogが管理しているので、あまりいじらない方がいいよと思う)。このシステムファイルは、コンパイルされて、lcfファイルに変換される。
(2)この文脈処理ファイル群は、ロボットがスタートして、ALDialogがロードされて以降は、ALDialogが管理しているようで、その後勝手に、削除したりするとエラーが報告される。
(3)今まで日本語をやっていたのに、新たに英語のファイルを付け加えると、いろいろトラブルが起きる。
(4)一旦、文脈ファイルができると、別なトピックファイルが組み込まれても、その変更だけになり、新たにbnfファイルが作成されたりしない。
(5)ALDialogには、compileALLというメソッドがあって、これは文脈ファイルつくるのだが、bnfファイルがないときは、それを作成するきっかけにもなる。
(6)何もなければ、すべてのトピックファイルがloadTopicでロードした後に、compileAllを実行するとうまくいくみたいだ。
(7)その後、setLanguageで言語を切れ変えれば良い。
(8)日本語と英語を切り替える上では、それぞれのトピックファイルが共通のトピックを持っているようにするべきだ。

何しろ、文脈ファイルが決定的に重要な意味を持っている。

(追記)上の方法でもうまくいかない。どうしても、日本語のBNFしかつくらないときは、次の方法をとる。
(1)$HOME/.local/share/dialog/ にあるファイル(bnfファイル)等を一旦全て削除する。
(2)ロボットを再起動する
(3)pythonのnaoqi sdkを起動する(PCでいい)。そして、以下のようにやる。
>>> from naoqi import ALProxy
# ALdialogのオブジェクトを取得
>>> dlg = ALProxy("ALDialog","192.168.xxx.xxx",9559)
# 日本語と英語のトピックファイルをロードする
>>> dlg.loadTopic("/home/nao/ibot/user/topic/test170323-enu.top")
'test170323'
>>> dlg.loadTopic("/home/nao/ibot/user/topic/test170323-jpj.top")
'test170323'
# コンパイルする
>>> dlg.compileAll()

これでできるはずである。あとは、bnfファイルを気にせずにやれば良い。というか、二度とbnfファイルを直接いじらない