NAO、コンセプトの搭載可能数

Pepperは、クラウドで、qichatのワイルドカード認識に対応しているようなのだが、NAOについては、NAOQIバージョンもPepperほどにも更新されておらず、対応していないようだ。それはそれでいい。というのは、Qichatでは、conceptにリストアップしておけば、ロボットはかなり正確に人の言葉を認識できるからだ。だから、conceptにどれだけのワードが載せられるかは、非常に重要な仕様になっている。

まえから、幾つもに切り分けしていれば、500個以上のコンセプトを識別できることはわかっていた。それは、実際使っているものだ。

しかし、一つのconceptのなかに、幾つ詰め込むことができるかは調べたことがなかった。実は、多くのコンセプトに分けるよりも、一つに詰め込むと便利なことがある。とても便利になるのだ。今日試してみてとても驚いた。なんと、一つのコンセプトに、2000個以上のワードを詰め込んでも、識別できたのだ。つまり、トピックファイルの中に、

concept:(words) [今日 明日 ロボット などなど ・・・・・・]

と2000個以上の言葉をwordsというコンセプトで登録しておいても、たとえば

u:(お題は _~words です) なになに $1・・・・・・

というかたちで、言葉の認識、変数 $1 への代入が可能になるのだ。もちろん、ALDialogで、そのトピックファイルを読み込み、コンパイルするのには多少時間がかかる。20秒くらいか。それは、スタート時だけだから、全然大したロスではない。

2000個も入れると、言葉の中に変な文字、つまり、ロボットが発音できない文字が入っていると、コンパイルに失敗してトピックファイルが有効化されない。アンダースコアとか、全角の数字(これがエラーになるのはちょっと不思議だが)とか、「つ」の小さい版「っ」がワードの最後に発音しにくい形で入っていても、コンパイルエラーになった。しかし、数の大きさは平気だったのだ。

NAOがワイルドカードの認識が下手なので、やむ負えず、Googleのcloud APIで変換させたりしていたのだが、音源ファイルで送ろうとも、ストリーミングにしようとも、やはり、人が喋ってからその結果をロボットに返すまでに10秒余のロスが発生して、ネタの120秒などという短い尺には、耐えられない長さになってしまう。conceptにおいて、聞き取られレベ、ほぼリアルタイムで時間のロスがない。

2000個というのは相当のキーワード数だ。実際それ以上が可能かもしれない。それ以上を試す気になれないほど、2000という数字は大きかった。