Google Cloud APIのストリーミングを継続して使う

Google Cloud APIのストリーミング音声認識を、ロボットとの継続した対話に使おうとすると、60秒の制限があって、それ以上使えずに、例外が発生してアボートしてしまう。これでは使えない。

そこで、gracefull(優美)に一つの会話を終了させながら、次の会話に入っていくということがどうしても必要になる。その基本的なやり方を以下に記しておく。

(1)ロボットからの音声データのストリーミング入力は、それとして生かしておくという戦略。
(2)Google Cloudからは、送られたーデータの解析結果が中間的に、最終的にの二つのバージョンで送られて来るが、最終バージョンが送られて来たら、それを一旦出力(エコーロボットとしてロボットに喋らせる、あるいは、人間入力の言葉を解析して応答を用意したりして)
(3)これで例外を発生させずに終わるが、これだと一回の聞き取りしかできなくなってしまう。そこで、
requests = request_stream(buffered_audio_data, RATE)
のスレッドの作成から、再度はじめ直す必要がある。そこでここからを関数化して、先の終了後に、再帰的にこの関数を呼び出すようにすればいい。すると、また60秒制限の新しいスレッドが立ち上がる。無限続けるのは良くないので、いったい何度ロボットやり取りするかを事前に与えておいて、その回数の会話をしたら全てを終了させるようにすれば良い。
(4)一つ問題は、(2)で、会話が入れば、一つのスレッドはグレースフルに終わるが、無言の時間が続くと終わるタイミングを逃して例外を発生させてしまう。そこで、60秒以内の一定時間無言が続くと、一旦gracefullに終わらせる。
そこで、次のようなタイマーイベントを、先に分離した関数部分の中に置いておく、
###############
def stopAPI():
print "ループを止めます"
recognize_stream.cancel()
#ここまでが関数、以下でタイマーでこのハンドラーを呼び出す
t=threading.Timer(MAX_SILENT_LENGTH,stopAPI)
t.start()
###############
関数の中にstopAPIという関数を定義して、MAX_SILENT_LENGTHの秒数が経過すると、
recognize_stream.cancel()
というイベントを発生させる。すると、CANCELLという例外が発生して、綺麗に終わるように例外処理手続きが組み込まれているのでうまくいく。そしてこの例外処理が終わった後、さいど、先に作成した関数、request_streamから始める関数をスタートさせれば良い。

これで、指定回数の会話が終わるまで、継続的にGoogle Cloud APIでストリーミング処理を続けることができる。

これで、人工無脳の会話ボットと、ロボットNAO、そしてGoogle Cloud APIの三つをつなぐ準備が80%ほど、整った。